下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

とっておきの裏ワザとは下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

ディーラーでは 30 万円の下取りでも、買取業者だと80 万円になることだって本当にあるんですよ。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社が最大 10 社。

あなたの車の買取価格を 競ってくれます。

ですから結果的に値段が吊り上るんです

日産エクストレイルは、アウトドアに特化されたSUVとして販売された車です。
それなら、エクストレイルの特徴を存分に、利用しなければもったいないですよね。

 

たまには都会の喧騒から離れてみませんか。
エクストレイルに乗って、アウトドアの世界に飛び出してみるのも悪くはありませんね。

 

実は今、ちまたではちょっとした車中泊のブームが、起こっているようです。

エクストレイルは車中泊に適しているか

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

アウトドアと言えば、キャンプと連想されると思います。
キャンプに行くには、それこそテントなど、それに付随する様々なアイテムが必要です。

 

もちろんエクストレイルに乗って行くキャンプは楽しいに違いありません。
キャンプは、エクストレイルの特徴を最大限生かす手段の一つだと言えます。

 

それよりもっと手軽に、エクストレイルで車中泊をしてみませんか。
キャンプのような大袈裟な装備も必要ではありません。
思い立てば、いつでもすぐに行くことができます。

 

では実際に、エクストレイルがなぜ車中泊に適していくのかを見ていきたいと思います。

 

エクストレイルはアウトドアがうたい文句です。
ですからエクストレイルは、車中泊するにも必要十分な内装となっています。

 

まず大容量ラゲッジで、快適な車中泊空間を確保できます。
参考までに2列シート・ガソリン車(20X)の写真を見てください。

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/luggage.html

 

写真でもお分かりと思いますが、平均的な日本人には十分な広さだと思います。
ラゲッジルームのサイズも、前席を前に倒せばさらに長くなります。
ですから車中泊にも過不足はないと思います。

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/seat_arrangement.html

もちろんシートをリクライニングにして、車中泊しても一向にかまいません。
簡易に車中泊するのなら、全然そんな使い方でもかなわないと思います。

 

その場合でも充分とは言えないまでも、車中泊の空間は確保できるでしょう。
そんな時には、エクストレイルのシートは防水仕様を採用されています。

 

また防水・透湿性を誇るセルクロスで、夏場など不快なムレを充分緩和してくれます。
ですから突然の車中泊になってしまっても、それに対応できる構造だとも言えます。

エクストレイルで車中泊を快適に過ごすには

 

引用元:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T32/1312/point_gallery.html

エクストレイルで車中泊を過ごすには、少し工夫をすれば思った以上に快適に過ごすことができます。
今や車中泊は、レジャーで過ごすばかりではありません。
いつか襲ってくる災害に備えて車中泊を経験しておくのも必要な体験になるかもしれません。

なぜ今車中泊なのでしょう

エクストレイルに興味を持つ人は、傾向的にはアウトドア好きが多いのではないでしょうか。
当然自然の中に触れあって過ごすということは、エクストレイルに乗って旅を楽しむことでしょう。

 

そんなときに宿泊はホテルや旅館など設備の整った宿に泊まって贅沢な時間を過ごす。
そんな旅も当然ありだと思います。

 

でもせっかくエクストレイルに乗って自然と触れ合う旅です。
車中泊という選択肢は、当然あなたの中にもあると思います。

 

また近年たびたび襲ってくる災害に対しても、車中泊は視野に入れておくべきことと考えられます。
エクストレイルと過ごすシーンはほかにも様々あることでしょう。

そのためにもエクストレイルと過ごす環境を少し整えて、より快適な空間にすることも必要だと考えます。

エクストレイルで快適に過ごすために

エクストレイルで車中泊を考えたとき、今ある装備だけでも十分車内で過ごすことはできます。
しかしそれほど快適な環境とはいえないでしょう。

 

もちろん必要最小限の装備とはいえ、やはり車中泊するにはそれなりの装備は欲しいところです。
車中泊のメリットである低コストで経済的という面を考えれば、エクストレイル自体を改造してしまう。
それでは本末転倒になってしまいますよね。

 

多少の工夫でも、あなたのエクストレイルは快適空間にさせることはできます。
はじめは車中泊を経験してみて、あなたのライフスタイルに合っていると思ったら。

 

そのときはカスタマイズして、自分オリジナルの空間に改造してください。
まずはエクストレイルで過ごす、快適空間作りに必要なものを考えてみたいと思います。

車中泊を快適に過ごすために必要最低限の装備を

車中泊をするために必要となるものを考えたとき、あなたの頭に浮かんでくるものは何でしょうか。
はじめに考えたのはキャンプ用品ではありませんか。

 

車中で宿泊するといっても、そのまま横になって寝るというのでは快適とは言えませんよね。
ですから最低限、睡眠するために必要な装備くらいはそろえなければなりません。

 

寝具と言っても布団や毛布を積んでいくのは、現実的ではありません。
寝袋くらいは用意した方が無難です。

 

車中泊はエクストレイルのラッゲジルームで寝ることを想定しています。
しかし室内のように、全く平というわけにはいきません。

 

ですのでキャンプで使う、銀マットのようなものを敷いてから寝袋を置くことになります。
おすすめなのがエアマットです。

 

エアマットなら多少の凹凸は吸収してしまいますから、体の負担は軽減されます。
またエアマットは、寝袋同様使用しないときは、コンパクトですから収納にも優れています。

 

また多少の調理をするのでしたら、カセット式の卓上コンロがあれば簡単なものくらいは作ることができます。
はじめ車中泊専用にそろえることは必要ないと思います。

 

まず家庭にある汎用品で経験してから、徐々にそろえていく方が、無駄なくあなたの快適空間を作り出すことができるでしょう。

 

エクストレイルで行く車中泊で注意すること

エクストレイルに旅を続けて車中泊をする場合には、当然ですが注意するべきことはあります。
せっかく楽しいはずの車中泊の旅も、少しの注意を怠ったために楽しむことができなくなってしまいます。

 

そのあたりのことを、車中泊をする前に考えておくことが必要だと思います。
ではどんなことに気を付ければいいのでしょうか。

 

まずあなたのエクストレイルを止める場所です。
むやみに駐車して、どこでも車中泊できるわけではありません。

 

車中泊できる場所として考えられるのは、道の駅や高速道路のサービスエリア、パーキングエリアです。
原則的には休息するための施設ですから、短時間の停車が原則のようです。

 

それでも車中泊を黙認している施設も多いようです。
そんな施設を利用するのですから、端のスペースに止めて他車の邪魔にならない配慮が必要だと思います。

 

当然昼間から長時間駐車して、スペースを独占してしまうような行為はうまくありませんよね。
そのために黙認されていた車中泊が、出来なくなってしまうことだって考えられます。

 

そのほかには公園の無料駐車場やキャンプ場。
あとコインパーキングなどが考えられますが、その場合トイレが近くにある所を選んでください。

 

駐車スペースのほかにも、車中泊する場合はアイドリングは禁止です。
これは排気ガスや騒音で、ほかの車に迷惑がかかってしまいますし環境破壊にもつながることです。

 

特に冬などは雪などでマフラーをふさがれて、排気ガスが車内に入り毎年死亡事故も報告されています。
楽しいはずの車中泊ですから、お互いに配慮し合いながらアウトドアライフを存分に楽しんでいきましょう。

エクストレイルの新車を50万円安く買う方法

「エクストレイルは欲しいんだけど。」

「予算がオーバーしちゃう・・・」

「値引きで安く買えないだろうか」

「でもディーラーをまわるのは面倒くさいし」

「新車を最安値で買いたい」

「でもディーラーの売り込みはいやだな」

 

 

などとエクストレイルの購入を考えているあなた、悩みはつきませんよね。

そんな悩みを持った方は、非常に多くいらっしゃるんです。

 

家族とか友達に相談したところで、まともに聞いてもらえません。

また聞いてもらえても、欲しい車に手は届きません。

そんなあなたにとっておきの裏ワザを、ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

とっておきの裏ワザとは下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

ディーラーでは 30 万円の下取りでも、買取業者だと80 万円になることだって本当にあるんですよ。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社が最大 10 社。

あなたの車の買取価格を 競ってくれます。

ですから結果的に値段が吊り上るんです