エクストレイルハイブリッドもバッテリー上りは起きるのか

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

とっておきの裏ワザとは下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

ディーラーでは 30 万円の下取りでも、買取業者だと80 万円になることだって本当にあるんですよ。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社が最大 10 社。

あなたの車の買取価格を 競ってくれます。

ですから結果的に値段が吊り上るんです

ハイブリッド車だから、バッテリー上がりなど無関係だと、あなたは考えていませんか。

 

ハイブリッド車はエンジンをかけて運転していれば発電してくれる。
バッテリーに充電してくれるのだからバッテリー上がりなど無縁である。

 

普通に考えればハイブリッド車は、バッテリー上がりなど起きないと思いがちです。
しかしハイブリッド車とはいえバッテリ上がりとは無縁ではないのです。

ハイブリッド車のバッテリー上がりの原因

本来車のバッテリーは、エンジンの起動やアクセサリーなどの電源を確保するために、積載されています。
ですからハイブリッド車とはいえエクストレイルにも、当然バッテリーは搭載されています。

 

ただ普通のガソリン車と違うのは、エクストレイルハイブリッドにはモーター駆動用のリチウムイオンバッテリーと、鉛蓄電池タイプの補機バッテリーが搭載されています。

 

しかし普通のガソリン車と異なる点があります。
エンジン駆動用にハイブリッド車は、鉛蓄電池の補機バッテリーは使用されません。

 

そのため一般のガソリン車に比較して、ハイブリッド車の補機バッテリーは容量が小さくなっています。
それはエンジン起動に使用しないため、大きな容量は必要ないということです。

 

主にハイブリッド車に搭載されている補機バッテリーは、アクセサリーなど電装系のパーツや、ハイブリッド車のシステム制御を行う目的の電源として使用されています。

 

それが補機バッテリーの容量が小さいという理由なのですね。
補機バッテリーをエンジン起動用に使わないからと言って、鉛蓄電池がバッテリー上がりにならないということはありません。

 

エクストレイルハイブリッドでもバッテリー上がりは起こりえます。
補機バッテリーも、クルマが始動さえされていればエンジンは動かさなくても、駆動用バッテリーから電圧は供給されます。

 

しかし長時間エンジンを止めたままにして、オーディオを使い続けたりライトを点灯したままにしておけば、補機バッテリーの容量は小さいものですから容易に電力は消費尽くされてしまいます。

 

当然電力が無くなればバッテリー上がりは起こってしまいます。
いくらガソリン車と違うといっても、ハイブリッド車のバッテリーでも劣化は免れません。

 

酷使されるガソリン車に比べて劣化は遅くなりますが、バッテリーの寿命は一般的にほぼ4年と言われています。
駆動用のリチウムイオンバッテリーと違って鉛電池の補機バッテリーは電池の寿命があります。

 

エンジン停止中の電装系の使い過ぎなど、劣化を考慮に入れて早めの交換も視野に入れとく必要があるかもしれませんね。

 

エクストレイルハイブリッドのバッテリー上がりにどう対処すればいいのか

エクストレイルハイブリッドの場合,リチウムイオンバッテリーは劣化してきても、性能が落ちるだけで走行は問題がありません。

 

しかし補機バッテリーは劣化したり、酷使によるバッテリー上がり起こります。
補機バッテリーが上がってしまうと、ハイブリッドシステムが使えなくなります。

 

そのためにリチウムイオンバッテリーによる、エンジン起動が出来なくなってしまいます。
その対処として、補機バッテリーを再充電させるか交換ということになります。

 

しかし出先や使用が迫れれているときは、どうしても時間をかけるわけにはいかない場合があります。
その場合は一般のガソリン車と同じように、救援車からブースターケーブルをつなぎ自車を起動させることができます。

 

エクストレイルハイブリッドの場合は、ジャンプスタートという方法を使ってエンジンを起動させます。
一般にガソリン車はボンネットを開けるとそこにバッテリーが搭載されています。

 

ですから救援車のバッテリーから、直接自車のバッテリーにブースターケーブルをつないでエンジンを起動させます。
しかしエクストレイルハイブリッドの場合はボンネットを開けてもバッテリーは見当たりません。

 

補機バッテリーはリチウムイオンバッテリーと一緒にラゲッジフロアボード下に格納されています。
ですのでエクストレイルハイブリッドの場合は、直接補機バッテリーにつながづに、ジャンプスタートという方法でエンジンを起動させることになります。

 

ジャンプスタートの方法

 

 

引用元:https://www.nissan.co.jp

はじめにボンネット内のヒューズボックスのカバーをツメを押しながら外します。

 

引用元:https://www.nissan.co.jp

同様にヒューズボックス内のカバーをツメを押しながら外します。

 

引用元:https://www.nissan.co.jp

ブースターケーブル(1)を自車のヒューズボックスの端子(手前にあるボルトに挟み)に接続します。

 

引用元:https://www.nissan.co.jp

先の手順で接続したブースターケーブルを、救援車の12Vバッテリーのプラス端子に接続します。

 

引用元:https://www.nissan.co.jp

別のブースターケーブル(3)を救援車の12Vバッテリーのマイナス端子に接続します。

 

引用元:https://www.nissan.co.jp

接続したケーブルの反対側(4)を上記のように自車の車体(未塗装の金属部)に接続します。
次に救援車のエンジンを始動させ、エンジン回転数を少し高めにしておきます。

 

そして自車のハイブリッドシステムを始動させます。
エクストライルのハイブリッドシステムが始動したら、つないだときとは逆の手順でブースターケーブルを外していきます。

 


引用元:https://www.nissan.co.jp

 

エクストレイルハイブリッドで他車のバッテリー上がりを救援できるのか

それではバッテリが上がってしまい、エンジンがかからなくなった他車のため。
エクストレイルハイブリッドで助けてあげることができるのでしょうか。

 

原理的には補機バッテリーから、ブースターケーブルを介して他車のバッテリーにつなげれば救援できるはずです。
ただし自分の愛車のバッテリーに異常をきたす覚悟があればの話のようです。

 

ハイブリッド車の補機用バッテリーを、他車のバッテリーにブースターケーブルをつないで起動させようとした場合。
救援車側のエンジンがかかった瞬間に大電流が流れて、自車のハイブリッドシステム等が故障してしまう可能性があります。

 

そんなわけでハイブリッド車で、他車を救援することは控えた方がよさそうです。
最もエクストレイルハイブリッドの場合は、補機バッテリーがラゲッジフロアボード下に格納されています。

 

ですので物理的にもかなり厳しい状況にあると言わざるを得ません。

エクストレイルハイブリッドのバッテリー上がりについてのまとめ

ハイブリッド車といえども、鉛電池のバッテリー劣化していきます。
ただし一般のガソリン車に比べれば、鉛電池の劣化がスピードは確かに遅いようです。

 

しかし補機バッテリーと言えどもバッテリーの寿命はあります。
補機バッテリーを劣化させないためにも、エンジン停止時の過酷な使い方などは極力避けることは必要ですね。

 

エクストレイルハイブリッドだけではありませんがバッテリー上がりの場合。
ハイブリッド車は、一般のガソリン車から救援してもらえます。

 

でも逆の立場になった時、ガソリン車を救援することができないなんて、ちょっと肩身が狭い気もします。
その時は別の方法で何かお手伝いしてあげたいですね。
いつか助けてもらうようなこともあるかもしれませんから。

エクストレイルの新車を50万円安く買う方法

「エクストレイルは欲しいんだけど。」

「予算がオーバーしちゃう・・・」

「値引きで安く買えないだろうか」

「でもディーラーをまわるのは面倒くさいし」

「新車を最安値で買いたい」

「でもディーラーの売り込みはいやだな」

 

 

などとエクストレイルの購入を考えているあなた、悩みはつきませんよね。

そんな悩みを持った方は、非常に多くいらっしゃるんです。

 

家族とか友達に相談したところで、まともに聞いてもらえません。

また聞いてもらえても、欲しい車に手は届きません。

そんなあなたにとっておきの裏ワザを、ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

とっておきの裏ワザとは下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

ディーラーでは 30 万円の下取りでも、買取業者だと80 万円になることだって本当にあるんですよ。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社が最大 10 社。

あなたの車の買取価格を 競ってくれます。

ですから結果的に値段が吊り上るんです